切らない、貼らない、材料費200円!100均で撮影スクリーンを作ってみた

ブログをやっていて、スマホで写真を撮ること本当に増えました。以前は子どもの写真を撮るくらいだったのですが、ブログネタの為に購入したものをよく撮るようになりました。

ただ、写真を撮る時に困ることがひとつ。

自宅で写真を撮る時の背景です。

外出先で撮影をするときはそんなに困らないのですが、自宅だと部屋が散らかっていたりテーブルが汚れていたりと、いつも写真を撮る時は背景が気になります。

いろんなブログを読んでいると、綺麗に片付いたおしゃれな自宅写真を載せている方をよく見かけます。自分のようなセンスの無い、片づけられない女からすると、本当にすごいな、と思います…。

メルカリなんかを見ていても、出品物を床に置いている出品者の多いこと。

すごく分かる…

床だと部屋の風景も映らないし、物をよけたらいいだけだし、便利なんですよね…。

スポンサーリンク

100均で撮影スクリーンづくり

そんなわけで撮影スクリーン、もしくは撮影ボックスが欲しいとずっと思っていました。

しかし購入しようと思うと、一番安い物でもそれなりにします。

また手ごろな価格でも、サイズが小さかったりとなかなかぴったりくるものはなかなかありません。

なので自作することにしました。

ググってみると、撮影キットをDIYしているブロガーさんは多いようで、本格的なものから、簡単に作れそうなものまでいろんな自作撮影キットを見かけました。

簡易スクリーンの材料と材料費

本格的なものはホームセンターや100均などで材料を用意し、展開図を前もって作成、それに合わせて切り抜き貼りつけ作成するというもの。

これは超不器用な自分には無理です。

自分に課したのは、切らない、貼らない、お金をかけない、でした。

で、用意したのは

  • 厚口の模造紙(ダイソー)
  • 洗濯バサミ(ダイソー)
  • 家にあった高さのある段ボール

img_20161222_110448

これだけです。

さっそく作ってみました。

こんな感じです。

img_20161222_094425

貧乏くさいとか言わないで

しかし、この簡易スクリーンは段ボールに模造紙を洗濯バサミではさんだだけ、と超簡単にできました。

また材料費は模造紙と洗濯バサミだけ購入したので、200円(税抜)です。

実際に写真を撮ってみると

img_20161222_092451

楽だ!

床やテーブルの汚れや背景を気にしなくもいいのはとても気楽に撮影できます。

スクリーンあり、なしで比較するとこんな感じ↓

img_20161222_092451
スクリーンあり

img_20161222_110140
スクリーンなし

このダイソーの厚口模造紙も、きれいなホワイトでしわもなく、素人でも綺麗に写真が撮れると思いました。本当は布が良かったんですが、黄みがかっていない白でしわのない布が100均では見つかりませんでした。

光源は、とりあえずダイソーで購入したポイントライトをかなり離して置いてますがまだまだ改善の余地あり。

こんなライトがあればなぁ…。

まだまだ課題は残りますがこのスクリーンだと、段ボールに丸めた模造紙と洗濯バサミ、ライトをまとめて入れておくだけで片づけできるし、折りたたんだりする手間もありません。

本格的な撮影には不向きでしょうが、ブログ用の写真やメルカリなどの出品物撮影くらいでしたら十分使えます。

いつかは撮影キットを購入するつもりですが、当分はこの簡易スクリーンでいこうかなと思います。