マキタの掃除機を使ってみた

我が家の掃除機が壊れてしまいました。使っていたのはティファールのハンディクリーナー。もう3年近く使っており、ホースの部分(蛇腹?)が切れてしまいました。
どうりで最近吸い込みが悪かったはずだ。
新しいハンディクリーナーを買わなければいけない。ハンディクリーナーをずっと使っていると、キャニスター型の掃除機がとてもおっくうに感じてします。
重さもあるし、コードも邪魔。がっつり掃除するぞ!という時はゴミをよく吸い込んでくれるし頼もしいが、普段の掃除はやっぱりコードレスのハンディクリーナーがよい。
また子供がまだ小さく、食べこぼしをまだしてしまう。さっと取り出し掃除ができるほうが助かります。

6c8e87c4cf3548f50325e88c8f21f0fa_s

新しい掃除機をネットで探してみました。やはりマキタの掃除機は人気だ。ハンディクリーナーで検索すると、サジェスト候補が「ハンディクリーナー マキタ」で出てくるほどに。
新幹線のお掃除係など、プロも仕事の場で使っていたのをテレビで見たこともある。
しかしマキタのクリーナーといっても様々な種類があるのです。

スポンサーリンク

どのクリーナーがよいのか

紙パック式かカプセル集塵式か、ボタン式かトリガー式か、バッテリーですらリチウム型とニカド型がある。
どちらか決めても次はV数を決めないといけません。
まず最初に決めたのは価格です。マキタのクリーナーの一番いいやつ!なんてかっこいいですが、予算的に無理。今回の予算は一万円前後でした。

紙パック式かカプセル集塵式か

いろいろな口コミを読み、紙パック式にしました。紙パック式だとフィルターの汚れがつきにくいらしい。フィルター掃除が嫌なら紙パック式とのこと。
ずぼら主婦には紙パック式の方が良さそう。
紙パックだとゴミを簡単に捨てれていいか、と思っていましたが、マキタのクリーナーの紙パックは超小さいです。これはすぐにいっぱいになってしまう…。
でも中のごみを捨て紙パックは再利用ができるそう…大丈夫かな。

ボタン式かトリガー式

これも迷いましたが、ボタン式にしました。トリガーは掃除機をかけながらだと指が疲れそうだったので。

リチウム型とニカド型

バッテリーはリチウム型にしました。継ぎ足し充電ができる、長期保存ができるからです。
口コミを調べるとやはりリチウム型の方が人気のよう。

CL105DWに決めました

悩みに悩んだ結果、我が家で購入したのは

マキタ 充電式クリーナ 10.8V (レッド) CL105DW 色は赤

にしました。
価格、紙パック、ボタン式と選んだ結果この機種になりました。

IMG_20160408_154749

使った感想

マキタのクリーナーを購入してから2か月ほど使ってみました。最初使ったときはあまりの軽さにびっくり。今まで使っていたティファールのクリーナーは結構重さがあったのです。
一応この機種は自立するタイプだそうですが、壁に立てかけてもバランスを崩して倒れそうになったことが何度かありました。
外装はプラスチックなので壊れそう…気を付けないと。

心配していた吸い込み具合は今のところ大丈夫。ゴミや子供の食べこぼしもぐんぐん吸い込んでくれます。ヘッドも小さいので細かいところも掃除しやすい。
機体が軽いので、パッと出せてすぐに子供の食べこぼしを掃除できるのは本当に助かります。
掃除機が重いと、「掃除しなきゃ…」と気持ちも重くなるので、軽い掃除機は手軽さがいいですね。
ヘッドにブラシが内臓されていないのも、最初は髪の毛を吸い込むのか不安でした。しかしブラシに髪の毛が絡まってそれを掃除するのが嫌だったので、むしろメリットだな、と思うように。
今のところ落ちている髪の毛もガンガン吸い込んでいます。

ボタン式かトリガー式か迷いましたが、これはボタン式で正解でした。CL105DWRはボタンを長押しすると吸引力が強くなりますが、これを押しながら掃除するのは結構しんどかったです。
逆さまでわかりにくいですが、下のボタンを長押しするとパワフルになります。
IMG_20160408_154845

1万円前後のクリーナーでもここまで使えるんだから、業務用のクリーナーとかどれくらいすごいんだろう…気になる。

また気が付いたことがあれば書き足します。


にほんブログ村


にほんブログ村