初心者主婦がメルカリやってみた4

商品を取り合う女性

まったくの初心者で始めたフリマアプリ メルカリ
どうやらメルカリにはいろんなルールがあるようでした。
自分が驚いた、というか注意せねばと思ったメルカリ独自のルールを記します。

スポンサーリンク

即購入禁止とは

メルカリはフリマアプリなので、欲しいと思ったものは「購入」ボタンですぐ
購入できるシステムです。
しかしたまに「即購入禁止」と一言添えて出品している人もいます。
即購入禁止とは、購入する前に、コメントで残し出品者のOKが出てから
購入することをいいます。
私はそういうルールがあることを知らず、何も一言添えずに出品していましたが
購入者の殆どの方はコメントをされてから購入していました。
なぜそのようなルールがあるのでしょうか。

なぜ即購入してはいけないのか

メルカリはシステム上即購入が可能なので、売り手は購入者を選べません。
しかし同じ売るならリスクの少ない相手に買ってほしい。
メルカリでも「悪い評価」を付けられている人はやはりいます。
できたら「良い評価」の多い人に買ってもらえたらと思うのは仕方がないことだと
思います。
個人的な体験ですが、取引をしていて「う~ん…」となる人は、やはり「悪い」評価を受けていました。

あくまで個人同士で行う取引なので、リスク回避のため、嫌な思いをしないため
独自のルールが産まれるの仕方がないのかもしれません。

しかしこの「即購入禁止」の独自ルールで、コメントでやりとりしていた最中に、いきなり
違う人に即購入された、というケースもあるようです。

メルカリ側はどうしてるのか

メルカリ側は、利用者の独自ルールの設定を禁止しているようですね。

メルカリ独自ルール禁止

運営側は「独自ルール禁止」としていますが、「即購入禁止」とプロフィールに書いている
利用者はたくさんいますし、暗黙の了解で「即購入禁止」の空気ができていたらどうしようもできません。
何かトラブルがあった時の為には白黒つけないといけないので「独自ルール禁止」のスタンス
なのではないでしょうか。
現に、「即購入禁止」の商品を即購入した際、出品者側によりキャンセルされたが、運営側の
介入でキャンセルが取り消され購入できた、ということもあったそう。

まとめ

実際利用してみると、売買のトラブルを避けるために独自のルールができるのも仕方ないと考えています。
しかしコミュニティ独自のルールでがんじがらめになると、せっかく便利なシステムが
あるのに利用しにくくなるのでは、という恐れもあります。

売る側も買う側も、きちんとお互いのことを考えてフリマアプリを使うことが一番大事なの
かもしれません。
ネットやアプリでやりとりをしていると相手を直接見ることができませんが、向こう側には
同じ人間がいるということを忘れてはいけないのかも。

おかしい…メルカリの記事なのに書いていたら最終的に道徳の授業みたいになっちまった…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする