らくらくメルカリ便で送った荷物が発送済みのまま止まっている時の対応

前回の記事 らくらくメルカリ便で贈った荷物が行方不明になりました

やっと解決しました。メルカリ利用者の参考になれば嬉しいです。

経緯はどうでもいい!らくらくメルカリ便が発送済みのまま止まって購入者に届かない!どうしたらいいの?という方は
目次の「らくらくメルカリ便が発送中のまま止まっている場合」までお飛びください

スポンサーリンク

経緯

荷物がいつまで経っても届かない

ある日、らくらくメルカリ便で贈った荷物が「発送済み」のままほぼ一週間経ってしまった。
お届け予定日は発送した日の翌日になっていましたが、それも大幅に過ぎています。

merukari7
購入者の方に確認してもまだ荷物は届いていないとのことでした。
クロネコの追跡番号の方で確認しても、発送済みのままいつまで経っても変わらない。

さすがにこれはおかしいと思いクロネコに問い合わせをしました。
コールセンターの方は「確認して折り返します」と言ってくださり、連絡を待つことにしました。
コールセンターの対応はとても丁寧でした。

そして、クロネコの発送店舗から電話がありました。
現在荷物がどこにあるかわからない状況とのこと。荷物の形や特徴、中身を伝えて再び連絡を待つことにしました。

メルカリに問い合わせ

しかしクロネコからなかなか連絡はなく、メルカリ側に問い合わせをすることに。

メルカリから「クロネコヤマトに確認をします」と連絡がありました。

そして数日経つとメルカリからこんな報告が

ヤマトより下記連絡がありました

「他の荷物の伝票を二重に発行してしまい、余分な伝票をお客様の荷物に貼りつけてしまった為、誤配となってしまいました。」

回収でき次第再送させて頂きます。もしキャンセルする場合はまたご連絡ください。

誤配があったそうです。
前回の記事にも書きましたが、今回はファミリーマートから、らくらくメルカリ便で送りました。
ファミマから送ったことがある人はお分かりだと思いますが、ファミマではクロネコの発送伝票を貼りつけません。
こちらのブログの記事が分かりやすかったです。

想像にすぎませんが、クロネコ側がファミマから荷物を回収する時にポケットからファミマの伝票が落ちたかで紛失してしまい、こういうことになったのかも…。
直接クロネコヤマトに荷物を持ち込んだ場合、その場で発送伝票のシールを荷物に貼りつけますし。

しかしファミマかららくらくメルカリ便で数回送っていますが、このようなことになったのは初めてです。
それから1週間近く待ちましたが、無事購入者の方に届いたそうです。

発送してからほぼ20日経っていました…。

らくらくメルカリ便が発送済みのまま止まっている場合





らくらくメルカリ便が通常通り発送されていれば、発送済みからすぐ輸送中に変わります。

しかし今回はそうならず長い期間「発送済み」のまま止まっていました。
もし同じような状況になっている方は「メルカリ」に問い合わせをしましょう。

問い合わせ先は「メルカリ」

この記事を書いている時、メルカリの問い合わせ先を確認している時にこんな文があるのを見つけました。

merukari5

初っ端からいきなり間違えていました。ヤマト運輸には問い合わせしないように…の文字を見落としていました。
もしらくらくメルカリ便で送った荷物が発送中のまま長い間止まっている場合は

必ずメルカリに問い合わせをしましょう
私のようにクロネコヤマトに問い合わせをしてはいけません

今回は先にクロネコ側に問い合わせをしたので、ここまで長引いてしまったのかもしれません…。

メルカリへ問い合わせのやり方

メルカリの問い合わせ先ですが、長期間取引が終了されないと、取引画面に問い合わせ先が出るようになります。
それより前に問い合わせをしたい場合は

「お問い合わせ」

merukari6

「お問い合わせ項目を選ぶ」

merukari1

「その他」

merukari3

「お問い合わせをする」

merukari2

順番に選んでいくと入力画面にたどり着けます。

merukari4

まとめ

何より荷物が無事に見つかってよかった、の一言です。

正直見つからないかも、と諦めていました。
クロネコの扱う宅配便の量はものすごい数だろうし、「どこに行ったかわからない」状況から発見するのは難しいだろう、と。

またらくらくメルカリ便なのにクロネコヤマトに先に問い合わせをしてしまい、余計にかき回してしまったのでは、と反省。
あと、発送したら放っておくのではなく、取引画面を確認して荷物の配送状況をきちんと確認しておかないといけないな、と痛感しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする