初心者主婦がメルカリやってみた3

フリマアプリ初挑戦、そして浮かんだ課題

買い物をする女性

スポンサーリンク

どの送り方が一番いいの?

前回の記事で送料のことを何も考えず設定してしまったことに後悔。

そもそも、どうやって送るのが一番いいのでしょうか。
前回売れたのが本だったのでゆうメールだとまあ間違いないだろう、
と何も考えずに郵便局へ行きました。
200円くらいかな、と思ってたら、本は案外重かった
送料で350円かかってしまいました。

メルカリで選択できる発送方法は
らくらくメルカリ便
ゆうメール
クロネコヤマト
ゆうパック
はこBOON

など様々あり、送るものによって使い分けができます。

中でもこの「らくらくメルカリ便」、かなり使い勝手がいいようです。

らくらくメルカリ便とは名前がついているものの、実際に配達してくれるのは
クロネコヤマトです。
本などを送るのに最適な「ネコポス」だと送料は195円でした。

他の宅急便などを使っていないのでわかりませんが、メルカリ便だと

荷物がどういう状態なのかを確認できるのが、とても便利だと
思いました。
これは購入者側からももちろん見ることができます。
営業所も、ファミリーマートも近くにあるので当分このメルカリ便にしようかな
と考えています。

価格の付け方 古本編

さて送料も大事ですが、価格が一番大事です。
どうせ売るなら高い値段をつけたい。しかし忘れてはいけません。

自分がいらないと思うものは他人もいらない

未使用のブランド品がたくさん手元にある人は強気な値段をつけても大丈夫なのかも
しれませんが、私のような一般市民にはそんなものありません。
いざ中古の本を強気の値段で出品して、あとで検索をかけたら同じ本がもっと安く
しかもたくさん出品されている、なんてこともありました。
唯一、私が出品して定価以上で売れたのは、絶版中のムック本だけです。
しかし現在ヒット中のマンガ本は定価近い値段でも売れているようです。
マンガ大賞を受賞したゴールデンカムイなんかは人気なのでよく売れている
ようですね。(個人的に金カム超面白いのでお勧めです)
あと映像化の作品をまとめて売るのも人気のようです。
なのでいらない本を出品する際は、かならずメルカリで検索することを決めたのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする