扁桃腺手術体験記5 術後2日目~痛みはまだあり

思いがけず扁桃腺手術体験記が長くなってしまいました。入院当時日記をつけていたので、それを読み返して記事にしているのですがこの日記がとても長いです。

入院当時は暇だったので仕方がないのかもしれない。

スポンサーリンク

扁桃腺手術 術後2日目

朝目覚めると、やっぱり傷口は痛い。起きてすぐ鎮痛剤を飲みました。

img_20160814_072100

朝食はまたおかゆ。ずっと食事が満足に摂れないのでかなり空腹でした。味のついている味噌汁がありがたかったです。

そしてしゃきしゃきの菜っ葉の副菜…まだ傷口から出血があるのに食えるか!と手が付けられませんでした。この病院超強気です。

ゼリーやアイスなど甘くてのど越しがいいものはたくさんあって、それなら食べれるけれど、食事系のものでそういったものはあまり病院では食べられません。

猛烈にポタージュスープや天一のこってりのスープだけでもいいので飲みたくなってました。今日記を読み返すと、じゅうぶん元気じゃないかって思いますね…。

父がお見舞いに来てくれました。お願いしていた「ごはんですよ」とアイスを持ってきてくれた。しかし痛みもありあまり話せず、ちょっとだけいたら父は帰りました。

病院生活は暇でしたが、点滴も外れ体が回復してきていることは感じていました。手術直後のようなしんどさはほとんどありません。

以前3か月ほど絶対安静で入院していたことがありますが、その頃に比べるとだいぶマシでした。

しかし暇なので、スマホでひたすら動画を見ていました。「PERFECT HUMAN」にハマり超ヘビロテしてました。そして何故かオリラジが大好きになり動画を見まくってました。

この日、シャワーがオッケーになりました。もう2日間お風呂に入っていませんでした。

術後初のシャワーはひたすらしんどかったです。2日寝てただけなのに、それだけで体力が落ちたことを痛感しました。時間も30分と決まっており、しんどかったのでさっさと出ました。

昼食はおかゆが出てるものの、おかずはいつも通りの普通食。おかゆにごはんですよを入れて少しだけ食べました。

午後は旦那がお見舞いに来てくれました。頼んでいた加湿器を持ってきてもらった。

その間売店に行きましたが、とにかく甘い物以外が食べたかった。
普通のスープはなく、パンが入っているカップスープを買いました。
まだ固形物は傷口を通ると痛みがありますが、それよりも空腹がすごかった。ひたすらパンをふやかしてドロドロにしてゆっくり食べました。
夕方になると、子供のお迎えのため旦那は帰りました。病室に誰かいても痛くて離せませんが、誰もいなけりゃいないでとても暇でした。

夕食はおかゆ、そして魚。おかずはやっぱり食べられない。お腹は空くので早く普通の食生活に戻りたい。
ひたすら「PERFECT HUMAN」をまたヘビロテで見て、12時ごろ寝ました。

術後 3日目

世間では祝日でしたが、入院患者には無関係です。その日も暇でしたが、お昼から旦那が子供たちを連れてお見舞いに来てくれました。

お兄ちゃんの方は照れているのか、あまりこっちに寄ってこない。弟の方は少し会わない間におしゃべりをたくさんしていてビックリしました。

食堂に昼食を食べに行くというので付いていきました(食べれませんが)。しかし祝日のため食堂はお休み。

売店でサンドイッチを買い病室で食べることにしました。個室なので子供がいてもよかったのはありがたかったです。

サンドイッチがおいしそうで食べたかったけど、口があまり動かせずとても食べられない。食事が終わると、お兄ちゃんは「帰ろー」と旦那に言いさっさと帰っていきました…。

この日から子供たちは旦那の実家のお世話になるので、あちらには申し訳ないがこっちは少し安心。帰省を楽しんできてくれ…と思いました。

夕方には母がお見舞いにきてくれ、レトルトのスープと豆腐を持ってきてくれました。

その後やることもなくダラダラ過ごします。そしてまた「PERFECT HUMAN」の動画をみまくる。自分でもなぜあの時「PERFECT HUMAN」を何度も見ていたのか本当に謎です。

動画見まくってたせいで、データ容量がヤバいことになり、その月のデータ容量を全て使い切りそうでした。

そろそろ個室から大部屋に移らないといけません。個室は気を使わなくて楽だし、できればこのままがいいけれど、1日4000円(税抜)の使用料はかなりきつい。

そろそろ明日には言わないといけない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする