扁桃腺手術を超絶ビビりがうけてみた3~手術編~

この記事では手術について書いているので、吐いたりいろいろしています。

そういうのが苦手な方は閲覧注意でお願いします。

今回の入院は、手術日は月曜だったので、入院手続きができる金曜日からの入院となりました。

金土日は外泊で自宅に帰り、日曜の夜から病室に戻りました。そして病室に戻ると絶食です。

手術の前夜は眠剤と下剤を飲んで就寝しました。

スポンサーリンク

手術当日

さて、やってきました手術当日。朝の6時半から絶飲食です。

喉が渇くこともなく、耐えられそうな感じ、というか手術が不安でそんなことどうでもよいわ!という感じ。

手術予定は12時半だったのでそれまで全く落ち着かず、何度もトイレに行っていました。

午前中は術衣に着替えたり、弾性ストッキング(スリムウォークみたいなやつ)を履いたり、点滴の針を刺されたりしました。

そして針を刺すのを1回失敗されました。私の血管が細いのか、看護師が苦手なのがわかりませんが…その後は血管を探すのに数十分…。

いつもは点滴はそんなに怖くないのに、今回はとても怖かった。神経が過敏になってるのかもしれない。

他の看護師に交代して、無事点滴の針が刺されました。

12時ごろになると、主人が到着しました。やだわ~怖いわ~と愚痴をいう。

予定時刻をかなり過ぎ、呼ばれたのは13時半でした。

手術室には歩いて向かいます。

初めて入った手術室は想像していたものと少し違いました。ドラマとかでみるのは何か銀色の器具が多いイメージでしたが、見た瞬間「なんか歯医者っぽいな…」と思いました。

自分で台の上に寝転んだあと、麻酔を入れますよ~と声がかかりました。

針がさされた辺りがギューっと痛くなる感覚がありました。その後すぐに意識がなくなりました。

うとうとせずに眠りにスッと落ちる感じでしょうか。テレビがプツンと切れる感じというか。説明が難しい。

その直後名前を呼ばれて目を覚まし、手術は終わっていました。

手術中、全く体感時間は経っていないのが却って怖かった。ネットで全身麻酔調べると、目が覚めた後暴れたって話を目にしたのでそれも怖かったのですがそれはありませんでした。

一番恐れていた痛みは、麻酔が効いているせいか、それほどわからず。ただ、吐き気が急激に込み上げてきて何度も吐きました。

吐き気止めの薬を点滴からいれてもらうと治まってきました。

ベッドに寝たまま手術室から病室まで移動します。時計を確認すると16時になっていました。

術後は結構ボーっとしていた気がする。先生がとった扁桃腺を主人に見せていたのを眺めていました。私も見たかったけど、今の状態でそれを見るとダメージくらいそうだったので諦めました。

病室に戻ってきてから、酸素マスク、心全図、足のマッサージのようなものが付けられました。

肝心の痛みは、術後に入れられた痛み止めの点滴のおかげか、悶絶するほどの痛みはなし。傷口からは血がにじんでくるので、ティッシュに何度も吐き出しました。

血を飲み込むと吐くから、飲み込んではいけないらしい。

しかし血が喉に落ちるせいか、何度も吐きました。しかし絶飲食なので吐くものはなく、空えずきするのがつらかった。

何度もオエオエやってると血を少し吐きました。

そして舌が痛くどうやら腫れているようです。旦那に見てもらうと、舌が内出血しているらしい。

先生が病室に来たときに舌のことを聞いてみると、手術中は舌を器具で押さえつけているのでそうなるらしい。

術後6時間は歩行×。足のマッサージがついているため足がだるくなっても動かせず大変煩わしい。本当は次の朝までつけていないといけないのだけれど、先生にお願いすると

ちょっとでも楽な方がいいから、と外してもらえた。

6時間経った後、看護師さんにつきそってもらいトイレにいきました。喉の手術なのに身体がフラフラでビックリした。

お腹とか内臓関係の手術だと、術後はどんだけ大変なんだろうか。

旦那は9時には帰ってもらい、やることもなくダラダラとテレビを見ていた(西部警察が見れたので見た)

渡哲也も舘ひろしも若いな~昔の警察ドラマってツッコミどころがすごいな!と呑気に見ていたら

22時ごろ急激に気持ちが悪くなり嘔吐。なんか黒いものを吐きビックリしたが、これも血らしい。

横になっても起きてもどうしようもないほどだるく、ロキソニン(しかも粒)を飲むが変わらず。震えも出てきました。

しんどすぎて眠れず、お願いすると眠剤をもらえたので服用。ゴロゴロしていたら12時くらいにやっと寝ることができました。

3時に目が覚めましたが、それからうとうとしていたらようやく朝になりました。

今回の手術で一番つらかったのは、痛みよりもこのひどいだるさと吐き気でした。

続きます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする