床拭きロボット ブラーバ 371j を買ってしまった。あまりの便利さにびっくり

先日旦那にキレられました。そしてなんやかんやがあり、ブラーバを買ってしまいました。

ボーナスも無事に出てのんきに過ごしていたある日、旦那がお怒りでした。

「あまりに部屋が汚い!ボーナスでルンバを買おう!」と言われました。

掃除や片づけが苦手で、冬になると寒いのでますます掃除がおっくうになってしまいます。(言い訳)

子どもがいるので最低限の片づけはしてるつもりですが、それでも一瞬で散らかる子供たちのおもちゃ達よ…。

旦那が夜遅く帰ってきた時、暗いリビングを歩いていると、ブロックやら小さいおもちゃを踏んで痛い思いをするのが本当に嫌らしい。

ならばルンバがあれば床にものを置かなくなるのでは、と旦那から提案されました。

スポンサーリンク

床拭きロボット ブラーバ 371j がやってきた

ルンバは便利だと思います。ルンバがいるだけで掃除ができるというのは、ズボラ主婦にとっても魅力的。

実際に使っているおうちでも見たことがありますが、あれって充電してると結構スペースを取るんですね。また掃除機だとゴミパックも処理しないといけない。

それくらいしろ、と思われそうですが、ズボラ主婦を舐めてはいけない

もしルンバがうちに来たとして、きちんと綺麗なまま使えるだろうか…と不安でした。

我が家はフリーリングが多いし、どちらかというと床拭きロボの方がいいんじゃね?となりお掃除ロボットから床拭きロボに方向転換、となりました。

床拭きロボって、ブラーバ以外にもいろいろありました。値段が安いものからそこそこするものまで。

いっそ3000円くらいのものにしようか、と思いましたがブラーバのことを調べていると素敵なフレーズがありました。

クイックルワイパーのシートも使える

これはとても魅力的!床拭きロボは便利だけど、雑巾やモップ部分を洗うの面倒だなと感じていたわけですよ。ズボラ主婦を(以下略)

汚れたシートはそのままポイ、できるし、シートは安いものは本当に安いのがある。

とことん掃除をズボラにできる、ってのは最高じゃありませんか。

またブラーバには乾拭きモードと水拭き(ウェット)モードがあるので、それを使い分けると掃除機がけも省くことができます。

これが決定打となり、ブラーバに決定。さっそく注文しました!

img_20161218_153634

アマゾンで33000円だったんですが、買った数時間後に31000円に値下げしていて泣きました

私はアマゾンでは本当にこういうことが多い…。逆に安くなるのを待っていると高くなったり。

値段には凹みましたが、実際我が家で使ってみるとこれがすごい!超良かった。

まず小さい。また充電中は縦に置けるので場所を取りません。

img_20161218_153553

そしてモーター音もなくとても静かです。床とシートが擦れる音がするくらいです。

夜遅く帰ってきた旦那が本気でビビるくらいに静かです

真っ暗なリビングから「ススッ……ススッ…ゴンッ(壁にぶつかった)………ススッ…」という音だけが聞こえるので。

値は張りましたが、いい買い物をしました。

我が家のフローリングは、子供の足跡だらけなんですが、もっと早くにこれを買っておけば足跡も取れていたかも…と後悔しております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする