初心者主婦がブログで稼げるか3

nayamu_girl

初心者主婦がブログで稼げるか
ブログで稼ぐ?! 私は子供を保育園に預けてパートをしています。 ただ、子供がすぐ風邪をひくなどですぐに保育園を休むので、あまり稼げて...
初心者主婦がブログで稼げるか2
騙されないように注意 最初に断っておきますが、アフィリエイトは無料で始められます。 パソコンがいる、など...
スポンサーリンク

グーグルアドセンスの審査

ブログの更新を続け、ある程度期間が過ぎたとき、そろそろグーグルアドセンスの審査の申請をすることにしました。
以前はブログを申請する1次審査、実際に広告コードを貼りつける2次審査と2回の審査がありました。
しかし今はコードを貼りつける2次審査のみとなっています。
以前は1次審査はよっぽどのことがないと受かるが、2次審査はなかなか難しいと言われていました。
2次審査はグーグルの中の人によってブログを確認されるそうで、中身のないブログ、ポリシー違反をしているブログはガンガン落とされるそう。

審査に通過するために気を付けること

グーグルアドセンスの審査に通過するためにはどんなことに気を付ければいいのか。
これはたくさんの情報がネットに載せられています。

  • 画像を載せない
  • リンクを貼らない
  • 他のアフィリエイトは貼らない
  • 一つの記事の文字数は500文字~2000文字(800文字以上と書いてあるところも)
  • ブログ開設後1か月くらい経ってから申請する

たくさんのブログを拝見しましたが、注意する点でよく書かれていたのは上の5つでしょうか。
↑の注意点は独自ドメイン、ワードプレスで作成したブログで申請することを前提としています。

また審査用のブログを新たに作るというのもよく見かけました。
すでにブログを持っていたとして、既に貼ってある写真やリンクを消すのは大変な作業になるので、それならば新たに「写真なしリンクなし」のブログを作る方がよい、とのこと。
内容も日記などでよいそうです。

いよいよ申請

写真や画像をいくつか記事に貼ってしまっていたのでそれを削除し、リンクも消しました。
記事の文字数もだいたい800文字以上はあります。
注意点にそってブログを確認しました。そしてブログに広告コードを貼りつけ後はグーグルの返答を待つだけ、となりました。
ブログは修正しましたが、何よりも気になる点はアクセス数が少ないこと
独自ドメインの弱点は、ブログを始めたばかりのころはアクセスが見込めないことだと言われています。
ライブドアやアメブロなどの大手ブログでは、自社HPなどで紹介してもらえますが、ワードプレスはそんなことできません。
お店がオープンしてることすら気づいてもらえてない状態です。

申請当時はアクセスがすべて私だけ、というとても寂しいことになっていました。(たま~に迷い込んで来てくれる人はいる)

そんな超過疎ブログでも申請が通るのか心配で、グーグルからメールが来ないかひたすらメールチェックしていました。

広告コードを貼りつけて2日後、あっさりグーグルから「アドセンス使えるよ」という趣旨のメールが来ました。

1週間くらいメールチェックをするつもりだったので拍子抜けになりました。

今回の申請で気を付けたこと

先人たちが教えてくれた以下の注意点

  • 画像を載せない
  • リンクを貼らない
  • 他のアフィリエイトは貼らない
  • 一つの記事の文字数は500文字~2000文字(800文字以上と書いてあるところも)
  • ブログ開設後1か月くらい経ってから申請する

これに加えて申請後は毎日ブログを更新する、というのを加えました。
グーグルアドセンスの申請に関してネットでは色んな噂があります。一度落ちるともう審査を通ることは難しい…とか。
初心者には不安なことだらけでした。
あるブロガーさんに審査で気を付けることはありますか?と聞いてみると上記の点に加え

審査に申請した後は毎日更新する

と教えてもらえました。
なので今回の審査では気合をいれて毎日更新していました(2日だけど)。
たくさんの方の情報のおかげで何とか審査に通れました。先人たちに感謝です。

「ブログで稼ぐ」道のりは険しい

無事グーグルアドセンスの広告を貼れる!となったはいいですが、相変わらずの過疎ブログなのでまだまだ「稼ぐ」道は見えてきません。

審査に通ったことに喜び目が眩んでいましたが、まだスタート地点に立てただけでした。
何万円なんて報酬は夢のまた夢です。

まだブログを開設して1か月くらいしか経ってないから…という言い訳が今はできますが、ずっと今のアクセス数だと、この先モチベーションを保てるかどうか。
記事数を60記事超えるとアクセスはアップする、と他ブログさんで見かけたのでそれを目標に頑張ります。


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする